恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室

これは…チャンスあり?実はいい男だったな…アラサー女子が後悔する元カレ

年齢によって男性に求めるものは変わります。

大人になってはじめて良さがわかる男性も存在するようです。

そこで今回は、女性読者へのアンケートを参考に「『実はいい男だったな…』とアラサー女子が後悔する元カレ」をご紹介します。

これは…チャンスあり?実はいい男だったな…アラサー女子が後悔する元カレ

【1】ときめきはなかったけれど、一緒にいることにムリがなかった男

「結婚するなら一番大事なことだったかも」(30代女性)など、自然に一緒にいられた元カレに対し「惜しいことをした!」と感じる女性もいるようです。長時間一緒にいてムリがない状態が、意外に貴重なものであることを肝に銘じましょう。

【2】愛想がなく口数も少ないものの、誠実だった男

「面白い男より誠実な男を探すほうが大変(苦笑)」(30代女性)など、誠実な男性の価値を今になって実感する女性もいるようです。一時的な楽しさに惑わされていないか、自分の価値基準を見直してはいかがでしょうか。

【3】優しすぎてつまらなかったけれど、自分に一途だった男

「恋の駆け引きは物足りなかったけど、愛されて幸せだった」(30代女性)など、「優しすぎたのはそれだけ自分を愛していた証拠」だと気づき、元カレに感謝の念を抱く女性もいます。ドキドキするような恋愛と引き換えに失っていい存在なのか、よく考えましょう。

【4】若いときは子どもっぽく感じられた、年下の男

「大人の男がいいと思ったけど、もう関係ないなぁ」(30代女性)など、昔感じた歳の差が、実は大したものではなかったと気づく女性もいます。年齢のことだけが気になっているなら、10年後、20年後の自分たちを想像して、踏みとどまったほうがいいかもしれません。

【5】性格が似すぎていて衝突が多かったが、最高に分かり合えた男

「ケンカ別れしちゃったけど、あれ以上性格の合う男はいない」(30代女性)など、似た部分が多いゆえにケンカも多かった元カレのことを、「最高のパートナーだった」と振り返る女性もいます。少し冷静になる努力をすれば、そんな相手とも衝突を避けられるのではないでしょうか。

【6】仕事が楽しい時期に出会った、結婚したがる男

「仕事を優先しちゃったけど、両立すればよかった(苦笑)」(30代女性)など、結婚に怯んで別れた彼氏のことを後悔する女性もいるようです。「妻に働いてほしいか、家にいてほしいか」など結婚観は人それぞれ。交際自体に問題がないなら、きちんと話し合って別れない解決法を模索しましょう。

【7】忙しくてなかなか会えなかったが、仕事熱心な男

「寂しくて嫌だったけど、夫にするなら仕事熱心なほうがいい」(30代女性)など、恋人としては不満もあった元カレを、夫としては理想的だと感じる女性もいるようです。会えない寂しさが問題なら、同棲や結婚など、別の方法を考えてみてはいかがでしょうか。

【8】バツイチだけど、包容力があった大人の男

「正直バツイチが嫌だっただけ。本人には何も問題なかったのに…」(30代女性)など、かつて自分が持っていた偏見を、今になって悔やむ女性もいるようです。相手の肩書きやプロフィールに惑わされず、きちんと自分の心に問いかけましょう。

【9】趣味が多すぎて恋愛はおろそかにしてたが、話題が豊富で面白かった男

「昔は恋愛至上主義だったけど、今は私も自分の時間が大事」(30代女性)など、大人になって余裕が生まれると、同じように趣味を楽しむ男性に魅力を感じることもあるようです。「彼氏はこうあるべき」という思い込みを捨てると、ラクになるかもしれません。


恋活教室TOP < 男向けアドバイス < これは…チャンスあり?実はいい男だったな…アラサー女子が後悔する元カレ

カスタム検索
[新着TOPICS]7/20更新
新着情報|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
[新着TOPICS]7/20更新
カテゴリーメニュー|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
[ジャンル]|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
便利サイトリンク|
恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断
(c)恋愛教室
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜷亥ョソ蜈崎ィア 莠瑚シェ  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繝舌う繧ッ縺ョ荳ュ蜿、驛ィ蜩√r謗「縺  繧ケ繧ソ繝繝峨Ξ繧ケ繧ソ繧、繝、 莠、謠  繧ソ繧、繝、 繧サ繝ャ繝 譁ー蜩  繧ウ繝ウ繧オ繝シ繝 蟆る摩蟄ヲ譬。  蝗ス逕」 繝舌う繧ッ繝代シ繝  豌エ譎カ  迚ゥ豬√さ繝ウ繧オ繝ォ繝繧」繝ウ繧ー  繝槭せ繧ソ繝シ繧コ繝医Ξ繝シ繝峨蜿」繧ウ繝  繝弱い 繝医Κ繧ソ 荳ュ蜿、  繝槭Φ繧キ繝ァ繝ウ繝ェ繝弱吶シ繧キ繝ァ繝ウ