恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室

どうやら顔は関係ない?身の回りにいる「なぜかモテる男」の特徴を調べてみた

世間には、特にイケメンというわけでもないけれど、なぜか女性にモテるタイプの男性が存在します。

彼らの特徴をよく観察することで、女性から人気を得るための秘訣が学べそうです。

そこで今回は男性読者への調査結果をもとに、「身の回りにいる『なぜかモテる男』の特徴9パターン」をご紹介します。

どうやら顔は関係ない?身の回りにいる「なぜかモテる男」の特徴を調べてみた

【1】女性に対して優しすぎるほど優しい

「そこまでやる? と感心する」(20代男性)など、身の回りの女性にいつも気を配り、平等に優しく接することは、なぜかモテる男の特徴のひとつです。男性陣にはキザと思われても、多くの女性に好印象を与えられるなら結果オーライかもしれません。

【2】気安い態度で、初対面から心の距離を感じさせない

「女友達ともすぐ下の名前で呼び合うし、仲良くなるのが早い」(10代男性)など、女性に対して心理的な壁を作らず、自然と親しげに振る舞うことも重要なようです。ただし、チャラ男と思われないよう、気安さの中にも礼儀を心がける必要はあるでしょう。

【3】男女を問わず友人が多く、人間関係が広い

「顔が広くて存在感がある」(20代男性)など、男女を問わず友人が多く、周囲の人間関係のなかで重要なポジションを占めていることも特徴のようです。それによって出会いのチャンスが増えるうえ、相手からの信頼を得やすくなる効果もありそうです。

【4】メールの文章が丁寧で、とにかくマメに打っている

「いつも返信が早いし、文章に思いやりがある感じ」(20代男性)など、メールのマメさと文章の丁寧さは、女性に好印象を与えるポイント。面倒がって短文のメールばかり送るより、相手の気持ちを考えてひと手間かけることが「モテ」につながりそうです。

【5】趣味や興味のジャンルが幅広く、会話の引き出しが多い

「流行りものだけじゃなく、色々なことを知ってるから話が面白い」(20代男性)など、幅広い知識と興味を備えたタイプの男性は、多くの女性と会話を弾ませることができるようです。何事にも好奇心をもって接することで、女性と会話するチャンスも自然と増えそうです。

【6】相手の性別を問わず聞き上手で、話していて安心する

「下らない悩み相談とかもしやすいタイプ」(20代男性)など、相手をリラックスさせて話を引き出す「聞き上手」は、人間味があって信頼できる男性の特徴ともいえます。些細な悩みなども気軽に話せるキャラクターが、女性に好印象を与えるのでしょう。

【7】女性の前でも自然体で、ガツガツした雰囲気がない

「一見、モテようとしていない感じがする」(20代男性)など、なぜかモテる男性は、女性の前でガツガツした雰囲気を出さず、余裕のある態度でいるようです。出会って即アプローチするのは避け、まずは信頼の獲得を優先しているといえそうです。

【8】言動が紳士的で、女性をさりげなくエスコートしている

「物腰がマイルドで柔らかい。良い人キャラを地でいってる」(20代男性)など、丁寧な言葉づかいや笑顔を心がけて「良い人」の評判を得ることも、なぜかモテる男性の特徴です。女性に対してはレディファーストを心がけると、さらに印象がよくなりそうです。

【9】勉強やスポーツなど、ハッキリした得意分野がある

「なんだかんだ言って実力がある男はモテる」(10代男性)など、得意分野で他人より優れた結果を出している男性は、それだけでモテる傾向があるようです。特に学生時代はテストや部活などでの活躍がわかりやすいので、特技があれば存分にアピールしたいところです。


恋活教室TOP < 男向けアドバイス < どうやら顔は関係ない?身の回りにいる「なぜかモテる男」の特徴を調べてみた

カスタム検索
[新着TOPICS]7/19更新
新着情報|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
[新着TOPICS]7/19更新
カテゴリーメニュー|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
[ジャンル]|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
便利サイトリンク|
恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断
(c)恋愛教室
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜷亥ョソ蜈崎ィア 莠瑚シェ  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繝舌う繧ッ縺ョ荳ュ蜿、驛ィ蜩√r謗「縺  繧ケ繧ソ繝繝峨Ξ繧ケ繧ソ繧、繝、 莠、謠  繧ソ繧、繝、 繧サ繝ャ繝 譁ー蜩  繧ウ繝ウ繧オ繝シ繝 蟆る摩蟄ヲ譬。  蝗ス逕」 繝舌う繧ッ繝代シ繝  豌エ譎カ  迚ゥ豬√さ繝ウ繧オ繝ォ繝繧」繝ウ繧ー  繝槭せ繧ソ繝シ繧コ繝医Ξ繝シ繝峨蜿」繧ウ繝  繝弱い 繝医Κ繧ソ 荳ュ蜿、  繝槭Φ繧キ繝ァ繝ウ繝ェ繝弱吶シ繧キ繝ァ繝ウ