恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室

インパクトも大切♪印象に残る言われた女性も驚く(嬉)意外性のある褒め言葉

女性と親しくなるうえで「褒め言葉」は非常に効果的です。

しかし、「可愛いね」「美人だね」といった褒め方はありきたりすぎて、アピールに欠けることも事実。

そこで今回は女性読者への調査結果をもとに、「言われた女性がビックリする『意外性のある褒め言葉』9パターン」をご紹介します。

インパクトも大切♪印象に残る言われた女性も驚く(嬉)意外性のある褒め言葉

【1】率直に自分の意見を言う女性に「裏表がなくて信用できるね」

「良くも悪くもそういう性格だから、認めてもらえて嬉しかった」(20代女性)など、見方によっては短所ともいえる相手の本質をあえて褒める一言です。「信用」に性別は関係ないからこそ、重みのあるセリフとして相手に伝わりそうです。

【2】若い女性や年下の女性に「大人の女って感じだね」

「セクシーさとか出てきたのかな…?」(10代女性)など、10代のまだ若い女性だと、「大人っぽく見られること」に喜びを感じる人も多いようです。ただし、20代以上の女性だと、不興を買う恐れも十分あることも頭に入れておきましょう。

【3】それほど親しくなかった女性に「高嶺の花だと思ってた」

「すごく驚いて照れまくった」(20代女性)など、「今まで話しかけなかった理由」を説明しつつ、異性としてもアピールできる一言です。今後の親しい交流を希望する意図も伝えられるので、一石二鳥のセリフといえるでしょう。

【4】とにかく自分の好みの女性に「君が僕の女神だわ!」

「よくわからないけど情熱が伝わってきた」(20代女性)など、平静さをかなぐり捨てて相手の女性を称えることで、問答無用のアピールができる一言です。その後、「なぜ女神と思ったのか」を具体的に説明することで、より高いインパクトが期待できそうです。

【5】食事マナーの良い女性に「美味しそうに食べてていいね!」

「ちょっと恥ずかしいけど、なぜかいい気分」(20代女性)など、食事マナーの良さをそのまま褒めるのではなく、「一緒に食事をするのが楽しい」という感情を伝えることで、親密さを高める一言です。デートだけでなく、飲み会の席などでも使えるセリフでしょう。

【6】一見平凡なタイプの女性に「考えていることが他の人と違うね」

「私の内面をよく見てくれてる気がした」(10代女性)など、人は外見だけで判断されることを嫌うもの。その人の内面的な特徴をポジティブに捉えることで、意外性のある褒め言葉が見つかるようです。なお、その指摘が必ずしも正確である必要はないかもしれません。

【7】周囲に気配りをするタイプの女性に「性格の良さがにじみ出てるね」

「日頃の苦労が報われた気がした」(20代女性)など、いつも周囲に気を使っている女性は、他人には見えない気苦労が多いもの。行動からにじみ出る「性格の良さ」を褒めることで、言外にその苦労を称えることができそうです。

【8】長年付き合いのある女性に「昔より可愛くなった」

「とにかく何より一番嬉しい!」(20代女性)など、友人として付き合いの長い女性に対して、「異性として見ている」ことをアピールできる一言です。過去と現在を比較して相手の成長を称えることで、その人生の軌跡を全肯定することができると言えそうです。

【9】母性的で優しいタイプの女性に「包容力があるね」

「言われるまで自分で思ったこともなかった。そうなのかな?」(20代女性)など、男性への褒め言葉としてよく使われる「包容力」をあえて女性に使うことで、意外性を演出する一言です。「優しいね」というセリフよりもインパクトがあり、相手の女性らしさも強調できそうです。


恋活教室TOP < 男向けアドバイス < インパクトも大切♪印象に残る言われた女性も驚く(嬉)意外性のある褒め言葉

カスタム検索
[新着TOPICS]7/20更新
新着情報|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
[新着TOPICS]7/20更新
カテゴリーメニュー|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
[ジャンル]|恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断|恋活教室
便利サイトリンク|
恋の悩み恋愛相談!恋の心理と相性診断
(c)恋愛教室
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜷亥ョソ蜈崎ィア 莠瑚シェ  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繝舌う繧ッ縺ョ荳ュ蜿、驛ィ蜩√r謗「縺  繧ケ繧ソ繝繝峨Ξ繧ケ繧ソ繧、繝、 莠、謠  繧ソ繧、繝、 繧サ繝ャ繝 譁ー蜩  繧ウ繝ウ繧オ繝シ繝 蟆る摩蟄ヲ譬。  蝗ス逕」 繝舌う繧ッ繝代シ繝  豌エ譎カ  迚ゥ豬√さ繝ウ繧オ繝ォ繝繧」繝ウ繧ー  繝槭せ繧ソ繝シ繧コ繝医Ξ繝シ繝峨蜿」繧ウ繝  繝弱い 繝医Κ繧ソ 荳ュ蜿、  繝槭Φ繧キ繝ァ繝ウ繝ェ繝弱吶シ繧キ繝ァ繝ウ